シワ対策には42℃のお風呂

若いころは気にならなかったのに、いつごろからかシワチェックが日課になりました。
どうか、昨日よりひどくなっていませんように・・・。

シミの原因となる紫外線。シワの原因でもあるんです。
紫外線による、シワ対策には42℃のお風呂がいいんです。
42℃のお湯は、シワができにくくなるという研究結果が発表されました。

シワの原因は、皮膚にあるコラーゲン層の減少および劣化。コラーゲンはクッションの役割をしていて、紫外線を浴びることで、質が悪くなったり、生産されなくなったりします。そして、肌の弾力がなくなることで、シワができていしまうのです。

熱によって体内で増える、細胞を保護する作用が最も強い「熱ショックタンパク質70(HSP70)」がシワを防ぐのに大きく影響していると言います。HSP70は42℃のお湯に5分間つけると増えることが判明し、その後に紫外線に当ててもシワができにくいことが発見されました。
また、37℃のお湯で同様の実験をしたところはっきりとしたシワが確認されたということです。

あくまで、マウス実験の結果ですが、人間も紫外線に当たる前に42℃のお湯につかるとシワができにくくなる可能性があり、今後の研究に期待されています。

特許浸透テクノロジー化粧品 ビーグレン(b.glen )のスキンケア
ビーグレン

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。